清流女学院MC調教 インターミッション

インターミッション

「裕翔先生、おはようございます」

 僕が、学院の中を歩いていると、みんなが口ぐちに声をかけてくる。

「ああ、おはよう」

 女の子が声をかける。
 別のクラスの人だが、僕も顔を覚えてきた。

「おはようございます、先生」
「おはよう、鮎川さん」
「おはよっ、せんせ」
「おはよう、井守さん」

 やっぱり、自分のクラスの女の子たちに会うと恥ずかしい。
 どうしようもないほどはしたない気持ちが、僕の背中をはい回っていく。
 自分のクラスの女の子たちに見られるのは、やっぱり、他の子に見られるのとは、ずいぶん違う。

「おはようございます、裕翔先生」
「あ、おはよう、こざ……きつねちゃん」

 狐崎(こざき)と言いそうになると、きゅっと目が細くなる。
 きつねちゃんと言わないといけないのだが、今でもつい間違えてしまう。

「裕翔先生って、変態ですね」
「え、ええっ!?」

 急に何を言うんだろう。

「だって、そうじゃないですか? さっき、他のクラスの子たちと話していたときは、なんともなかったのに」

 そう言って、僕の下半身を、無遠慮に指さす。

「亞希ちゃんとせつなちゃんに挨拶されて、ほら? 元気になっちゃってますよ?」

 僕のペニスが、勃起して、元気よく上を向いていることを指摘される。
 周りで、クスクスと笑い声が起こる。
 その笑い声さえ、今の僕には、ペニスをさらに大きくさせる理由にしかならない。

「先生、わかってると思いますけど、今は魔法使ってないんですよ。でも、生徒の女の子たちに笑われて勃っちゃうなんて。最高です――」

 鮎川さんが、どこか熱にうかされたように言う。
 彼女の手が、僕の胸板に触る。

「こんなに興奮してもらえるなんて、やっぱり正解でした――。早めに、全裸生活してもらうのは」

 そう。
 僕は、何も着ていなかった。
 制服をきっちり着こなす女の子たちの間で、僕だけが全裸だった。

 朝、今日起きると、僕は、服を着れないことに気づいた。
 すごくがんばったのだけど、どうしても服を着れない。
 これは、また生徒のみんなに何かされたのだと思った。
 正直、学院内の宿舎だとはいえ、これで出勤するのはまずいと思い、部屋に閉じこもっておくつもりだったのだ。
 だが、「どうしても行きたくなってしまった」。
 行かなければならないという義務感。
 それに駆られて、僕は部屋を出て、学院に行くことにしたのだ。

「あらあら、ちゃんと魔法の効果が出たみたいで、よかったわ」

 僕が教室に、全裸で入ると、鶇澤先生が、にこにこ笑いながら迎えてくれた。
 じゃあ、これは鶇澤先生の仕業か。

「さすがに、ここまでの義務感の強制は、教官クラスじゃないときついですからね」

 僕の疑問を見越したように、鮎川さんが言う。
 なんとなくだが、誘導に近いことは、学生の魔法でもできるが、意志に反した強制までいくと、先生レベルの魔法になるらしい。
 これが正しいのか確証はないが、経験則だと、そういうことだ。

「あ、裕翔先生だ。ほらっ!」

 他の学年の生徒が、あっという間に、ぴらっ、とスカートをめくる。
 きれいで上品なレースのパンティが、僕の目に、くっきりと映る。

「あれ?」
「パンツを見せたら射精するという暗示は、もう消してあります」
「え、えええっ!? ……きゃあっ!!!」

 かわいらしい声を出して、その子は教室を飛び出していってしまう。
 それなら最初から見せなければいいのに……。
 見せ損はいやだということだろうか。
 僕は、こんな学院の生徒でも、かわいらしいところがあることに、どこかほっとした。

 結局、僕はアパートを引き払って、学院の寮で暮らしている。
 生徒が住む寮も、先生が住む寮もあって、おそらく僕はある種の監視か拘束のもとにあるのだろうけれど、僕にはよくわからない。
 逃げて告発するということも、最初は考えたし、今でも考えている。
 でも―――

「じゃ、今日の日課、いってみよー!」

 井守さんが、元気よく言うと、今日の日直の女の子が、僕の前に出てくる。

「お、おはようございます……」
「お、おはよう……」

 緊張して、顔を赤くしている女の子に、こっちも緊張してしまう。

 僕は、毎日、この学院の女性に射精させられている。
 自分でオナニーしようとしてもダメなのだ。
 この学院の女の人じゃないと、射精することができない。
 まるで、魔法の貞操帯をつけられて、射精管理されているみたいだ。
 その魔法の貞操帯を外すカギを持っているのは、この学院の女の人だけ。
 無意識のうちに、この人たちに逆らってはいけないという意識が、上下関係が埋め込まれていくようで、怖い。
 怖いのだけど、それはどこか甘さをともなった恐怖で、このまま堕ちていってもいいかな、と思う自分がいる。

「じゃ、いきますね、先生」

 ゆっくりと、ぎこちない手つきで、僕のペニスがしごかれる。

「あっ……」

 思わず、声が出てしまう。

「先生、かわいい……」

 先ほどまで、緊張して赤みを帯びていた彼女の顔に、いたずらっぽい笑顔が浮かぶ。
 そのまま、体を密着させる。
 僕の足に、彼女のスカート。
 僕の胸板に、彼女のブラウスが当たる。
 それだけではない。
 ブラウスの奥。
 脈打つ心臓と、それを覆っている胸が、やわらかく僕に当たっている。

「せんせい……やらしいです……」

 顔を赤くしながら、僕のペニスをしごいている手を見せる。
 そこは、我慢汁でぬらぬらと濡れて、くちゅくちゅと粘液と性器がたてる音を発していた。

「興奮……してるんですか?」

 若い女の子特有の生命力あふれるにおいと、シャンプーか香水だかの甘い香りが混ざって、僕の理性を溶かしていく。

「あっ、すごい、またおっきくなったぁ……」

 すっ、とビンを取り出して、僕のペニスの先端にあてがう。

「いいですよ。たっくさん、出してくださいね」

 頭を動かしたせいで、髪が僕の顔に当たって、甘い香りが広がった。

「うっ……あぁ」

 びゅるるっ、と音が聞こえるかのように、精液が勢いよく射出される。
 ビンの中に、どろりとした精液が、採取されてゆく。

「えへへ。ありがとうございます」

 ビンに入れた精液をもって、彼女が嬉しそうに笑った。
 一体、あの精液は、何に使われるのだろう。
 また、何かの魔法に使われるんじゃないだろうか……。

「先生」
「ん、なにかな?」
「そろそろホームルーム、朝の会ですよ」
「あ、ああ、そうか」

 僕は、あわてて、教卓のところに立つ。

「起立」

 号令で、みんなが立つ。

「おはようございます」
「おはようございます!」

 声がしたあとで、着席、という言葉が続くはずだった。
 だが、みんなは立ったままで、ぱんっ、と大きく手を打ち鳴らして、何かを言った。

「おお! ちゃんと効いてる!」

 井守せつなが、うれしそうに、ぺしぺしと裕翔の体を叩く。

「よしっ、じゃあ、あたしの錯覚魔法で、服を着ていないことを認識できないようにしよう」
「それだけじゃ面白くないから、勃起していることも自覚できないようにしようよ」
「おお、ナイスアイデア。ほかに何かアイデアある?」
「嘘をつけないようにするっていうのは?」
「面白そうだな。そういうの、亞希は得意だろ?」
「まぁね」
「じゃ、頼むわ」
「うふふ、面白そうね。じゃ、がんばってね」

 鷺澤先生が出ていってしばらくすると、もう一度、クラスにばちん、という大きな音が響いた。

「ええっと」

 あれ、なんだっけ。
 確か、ホームルームの途中で……。

「先生、先生って、スクール水着って好きですか?」
「え、うん、好きだよ」

 あれ?
 僕は、こんなことを言うつもりじゃなかったのに。
 てきとうにごまかそうと思ったのに、つい答えが出てしまった。

「そうですか~、よかったです」

 よく見ると、きつねちゃんがスクール水着を着ている。
 トランジスタグラマーな体に、ぴっちりとした生地が張り付いて、大きな胸を強調している。

「先生、えっちです」
「ええっ!? なんでさ?」

 鮎川さんの突然の言葉に、僕は動揺する。
 彼女の視線――たぶん下半身のどこかに向けられている――を追ってみるが、そこには何もない。

「あの、鮎川さん、何か?」
「いえ、なんでもありません」

 なぜか、笑いをこらえるような声で、鮎川さんはそう言った。

「っていうか、先生は、きつねちゃんのスクール水着姿に興奮しているのか、それともあのエロい体に興奮しているのか、あたしは知りたいな」
「どっちも」

 ぽろっ、とまた、答えがこぼれ出てしまう。

「うわぁ、せんせぇこわ~い。きつねちゃん犯されちゃう~♪」

 全然こわそうに思えない声で、きつねちゃんが笑う。
 だが、実際、まんざらでもなさそうだった。

「もう、先生、ますます興奮してるんですね」
「なんでわかるんだ?」
「あら、興奮してるのは否定しないんですね?」
「え、あ、それは……」

 まただ。
 つい、思ったことがすぐに口に出てしまう。
 そういう性格じゃないはずなんだが……ということは、これも魔法か?

「ま、そろそろいいかな。みんなー、解除しちゃおっか」

 みんなが、一斉に手を叩く。
 すると、自分がはだかであったこと、自分のペニスが勃起していることを自覚する。

「あっ、君たちっ……」

 僕は、顔を赤らめる。

「あはは、おちんちん勃起させてるのに、興奮してないなんて思うやつはいないよー」
「で、でも、勃起していても、興奮しているとは限らないんだよ?」
「ま、それはそうかもだけど、明らかにそれはねぇ?」

 井守さんの元気のよい言葉に、あっさり論破されてしまう。

「あら? みんな、魔法は解いてしまったの?」
「あ、はい」

 鶇澤先生が帰ってきた。
 鮎川さんの答えに、少しだけ首をひねる。

「まあ、みんなでがんばって暗示をかけても、そんなに長くはもたないし、それは悪くないけれど――」

 そう言って、壁の時間割りを見る。

「あら、次の時間は保健じゃない。ちょうどいいわ、これで終わるのもイヤでしょう?」
 

「鶇澤先生っ……」
「ふふっ、裕翔くん、かわいい」
 赤いルージュがひかれたくちびるから、てろてろと濡れた舌が見える。

「はい、みなさん、よーく見てくださいね。裕翔くん、気を付け」

 気を付け、は、「きょーつけ」と聞こえる。
 僕は、なすすべもなく、びしっと腕を体の横につけて、直立不動の体勢になる。
 やはり先生だからだろうか。
 威圧感というか、支配力が全然違う。

「はい、これがおちんちんです。いいのよ、机から立って、もっと近くで見ても」

 その言葉に従って、女の子たちが前の方に集まる。

「ちょっと、頭さげてよー、見えないー」
「うわぁ、まじまじと見たのはじめてだけど、こんな感じかぁ」
「きんたまかわいー」
「たまに毛が生えているんだね」
「いつも勃起してたの見てたけど、ちっちゃいのもいいなー」

 彼女たちの遠慮ないコメントに、興奮してしまう。
 まるで、自分が一種のモルモットになったみたいで。
 女の子に、いいように扱われる、おもちゃになったみたいで。
 それが、ぞくぞくするほど、うれしく感じてしまう。
 もしかして、僕、マゾなのかな?

「ふふっ、先生も、ちっちゃいおちんちんは、かわいくて好きよ。触るのも大好き」

 ふにふに、と、鶇澤先生が、僕のペニスを触る。
 指輪が、ペニスを刺激して、心地よい。

「あらあら、勃起してきましたね。はい、では、この先端部分が、亀頭です」

 そういって、敏感な先端を、ついっ、となであげる。

「ここが鈴口。鈴に似てるでしょう?」

 似てるー、ほんとだー、と言った声が響く。

「これが裏筋で……ここを刺激するとよろこぶ人も多いの……はい、それでこの垂れてきているのが、みなさんご存じ、我慢汁です」

 ねっとりとした液を、鶇澤先生は、自分の口に含む。
 それは、とても卑猥な光景だった。

「うん、おいし。いい味ね……さて、それじゃあ、今からセックスをしますので、みなさんもよく見てお手本に―――」

 その言葉がだされた瞬間、

「ちょっと待ってくださいよ、先生は童貞なんですよ!」
「勝手に先生が奪うなんて許さない!!}
「公平に決めるべきだよ、ぬけがけは駄目!!!」

 ものすごい勢いでブーイングが飛んで、さすがの先生も目を白黒させてしまう。

「わ、わかりました、わかりましたから、落ち着いて!}

 がくっ、と僕もバランスを崩してしまう。
 どうやら、先生の動揺は、魔法を解除するくらいには大きかったようだ。
 あるいは、魔法がデリケートなものなので、ちょっとした刺激で解除されるものなのかもしれないが。

「ええ、それでは、今日の保険体育で先生を使うのは、ここまでにします、以上!」

 そう言って、鶇澤先生は、指輪のついた手で、僕の頭をなでると、そのまま僕を職員室へと行かせた。
 ――――結局、僕は、その日一日、ずっと全裸で過ごすことになった。

 夜。
 目を開けると、鶇澤先生が、僕の体の上に乗っていた。
 体を動かそうとしても、体が動かない。
 金縛りにあったようだ。

「うふふっ、どう? 体が動かせないまま、犯されちゃうっていうのは?」

 黒縁の眼鏡のむこうで、卑猥な期待によろこんだ目が笑っている。

「うふふっ、もうバッキバキじゃない」

 ぽろんっ、とペニスが飛び出してくる。
 僕には、どうすることもできない。

「どう? 見えるかしら? おばさんおまんこ、ぐちょぐちょよ? 君みたいな、若くてかわいいオスの精子を欲しがってるの」

 くちゅ、と僕のペニスの先端と、鶇澤先生の淫口が、キスをする。

「じゃ、入れるわよ――」

 ねっとりと、熱い肉につつみこまれる。
 それだけで、僕は絶頂に向かいそうになる。

「んんっ、いいっ、かたいわぁっ!!」

 体の上で、ぬぷぬぷと跳ねながら、鶇澤先生は、快感をむさぼる。

「心配しなくていいのよ……思いっきり中出しして、先生を孕ませて」

 ゆっくりと顔が近づいてくる。
 品のある顔が、淫らな欲望で濡れ、しわの一本一本が、変態的な視覚快楽を与える。

「キス――しちゃうわよ」

 ぐちゅり。
 すでに、鶇澤先生の口の中にためこまれていた唾液が、僕の中へと流し込まれる。
 それはまるで媚薬のように体をめぐり、僕を絶頂へと導いていく。

「んじゅっ、じゅっ、じゅるるっ、じゅぷっ!」

 キスのいやらしい音とともに、僕の快感は、あっさり限界に達した。

「う、うぁああっ!」
「んんっ、来てるっ! 新鮮なザーメン来てるぅっ!!」

 僕の体の上で、鶇澤先生も体を震わせたあとに、ゆっくりと体を起こし、ペニスを抜く。
 ぼとり、と精液が、鶇澤先生の生殖器と僕の生殖器とを結んだ。

「ふふっ、ごちそうさまでした」

 目が覚めると、朝だった。
 パンツを見ると、夢精をしている。
 夢精?
 先生の中に出したはずならば、パンツの中に精液があるはずがない。
 ということは、あの夢はきっと、魔法の一種だ。
 そういえば、指輪で頭をなでられたような……あれかな。
 ふと、時計を見る。
 時間はたっぷりある。
 僕は、これからの調教生活を思った。
 はじめは、いやな気持ちもあった生活を思うと、ペニスが一人でたっていくのがわかる。
 僕は、そのことは考えないようにして、服を着て学校へ向かった。

< 終わり >

感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。