BLACK DESIRE #24-5

7.  星漣女学園第2学生寮「さざなみ寮」は、第1学生寮である正星館(しょうせいかん)に比べれば普通の建築物である。通りがかった人にどこかの国の大使館に間違われることも無いし、地元民に市役所よりも敷地が広く立派だからって

もっと読む

BLACK DESIRE #24-4

6.  2つのグラウンドで行われていた最終戦2試合が終了し、ソフトボールの順位が決定すると僕たち運営委員会関係者はにわかに慌ただしくなった。この後授業時間を延長し、順位発表と表彰、MVP選手の選出を行わなければならないか

もっと読む

BLACK DESIRE #24-3

4.  翌日、今日も今日とて昼休みを潰してソフトボール第2戦の準備をしていると、スマホがメールの着信を知らせてきた。誰だ、学校中にメールなんかしてくる奴は、と自分の事を棚に上げて確認すると。    『来い 屋上』 「ごめ

もっと読む

BLACK DESIRE #24-2

2.  星漣学園体育祭の第2部、球技の部は3日間かけて行われる。学年合同縦割組4組の選抜メンバーによる球技は毎年種目が変わり、今年はソフトボール。総当たり戦だから時間もかかり月から木までの4日間の午後5・6・7時間目が予

もっと読む

BLACK DESIRE #24-1

0.  週が明け、新しい月曜日の朝が来た。僕は朝早く薄暗い頃から星漣学園に登校すると、正門から入ってすぐの桜の木の幹に寄りかかって生徒達の登校の様子を眺めていた。木陰に居るとは言え、目立つ星漣の白い制服姿にみんな即座に僕

もっと読む

BLACK DESIRE #23-3

6.  「水上騎馬戦キャットファイト!」の得点計算は予定通りに大盛り上がりだった。バルーンが抜けずに四苦八苦する選手と役員と応援する観客達、そして抜けた後の大拡張して開きっぱなしの卑猥過ぎるお尻の穴。モニター越しだけの映

もっと読む

BLACK DESIRE #23-2

3.  僕が宮子を伴って検査道具の入ったバッグ片手に男子更衣室に向かうと、そこにはもう須藤茜が不機嫌そうな顔で待っていた。水泳帽と水中眼鏡は外し、耳が隠れるくらいの茶色いショートカットから水がぽたぽた垂れている。眉はしか

もっと読む

BLACK DESIRE #23-1

0.  体育祭開催日の朝は、見事な秋晴れとなった。高く澄み渡った空と特徴的なうろこ雲の下、早朝から選抜メンバーを集めて会場設営を実施する。 「このぶんなら、予定通り外で開会式出来そうですね」 「うん。体育館でやるとプール

もっと読む

BLACK DESIRE #22-3

7.  成り行きで宮子を抱く事を承知したけど、改めて裸で浴槽の中に立って微笑んでいる少女を前に、僕はすっかり腰が引けていた。だって、その表情は少し赤らんではいるけどいつも僕に向けられていた親しみのある笑い顔で、その裸身は

もっと読む

BLACK DESIRE #22-2

4.  翌日、僕はいろいろ思うところが有ってなかなか寝付けなかったにも関わらず、幎に起こされるより前に目が覚めた。窓のカーテン越しの屋外から全く光が射しておらず、まだ暗闇と思われたのでもう1眠りしようかと寝返りを打ったが

もっと読む

BLACK DESIRE #22-1

0.  ごろんごろん、ごろんごろごろ、ごろろんごろん。  頭の中を、ボウリングの球ぐらいの黒い鉄球が転がっている。僕の脳内は酷く整備不良で、山奥の国道ぐらいに凸凹の石くれだらけで鉄球はドカンボコンと跳ね回って頭蓋をめちゃ

もっと読む

BLACK DESIRE #21-3

5.  教室を出た後、僕らはいったん受付に寄ってリヤカーを借りた。10キロくらいあるウォータージャグをえっちらおっちら運ぶのは骨が折れるし、先に行ったユニフォームの箱もある。有る物は有効活用しないと。校舎の裏口に回してき

もっと読む

BLACK DESIRE #21-2

3.  翌10月1日の水曜日は、僕の心中はさておき見事な秋晴れであった。水曜の1時間目はミサの時間だから、全校生徒は午前8時の10分前には礼拝堂に集まって到着順に前から詰めて座っていく。  僕は礼拝堂に時間ぎりぎりに入っ

もっと読む

BLACK DESIRE #21-1

0. 「草……薙……」  飛び出してきた名前に、僕は絶句した。それは半ば忘れかけていた、そして忘れてはならない、僕が星漣学園に転校する切っ掛けを作った人物の名前だったからだ。  約4ヶ月前、僕は親父の失踪を知って数年ぶり

もっと読む

BLACK DESIRE #20-2

2.  放課後、三繰と校舎裏の渡り廊下で落ち合った僕は、連れだって東の星漣学園文化系エリアに向かった。冬月から哉潟家の能力で情報を聞き出すにしても、できるだけ人目に付かない場所が良い。昼休みの時点で七魅とともに現れた三繰

もっと読む

BLACK DESIRE #20-1

0.  火曜日朝6時50分のウィルヘルム時計塔、その館部分の1階会議室に僕を含め十余名の星漣学園生徒達が集まっていた。いずれもこの学園における役職持ちの権力者達。彼女らがこんな早朝から集まって行おうとしているのは、学園の

もっと読む

BLACK DESIRE #19-3

5.  結局のところ、立華が来てくれてほぼ2日と半分で体育祭関連の書類作成は完了してしまった。これは驚異的な速度である。実際に側で立ち会った春原も早坂も、立華の処理能力に驚いていた。  立華はただ単にタイピングが速いだけ

もっと読む

BLACK DESIRE #19-2

3.  週が開け、いよいよ9月の最終週がやってきた。10月はすぐそこ、そして体育祭の開催期間まではあと2週間しかない。  藍子のよこしてくれた立華は僕の想像以上に優秀で、ほとんどの文書業務を1人でこなしてくれた。既に実施

もっと読む

BLACK DESIRE #19-1

0.  3年椿組9月最後の体育は、生徒達の希望もあって体育祭での水泳競技に備えての水泳となった。それなりに泳げる人間は少しでもクラスの得点に貢献できるように得意種目を練習し、あまり得意でない者もお遊び系種目で頑張れるよう

もっと読む

BLACK DESIRE #18-2

2.  春原との契約に成功した僕は、早速彼女の契約者としての性能を確認した。黒い本の彼女のページに記載された内容は、「統制権:13 恒常発動:有効」とある。それを見てニヤリと笑う。よし、思った通り。  春原が僕に対してど

もっと読む

BLACK DESIRE #18-1

0.  数日前からニュースで騒がれていた台風もあっさりと日本海に抜け、首都圏は今日も平和であくせくとした朝を迎えた。予想進路をコーナーいっぱいに使って高速で列島を横断し、いつの間にか熱帯低気圧に変わっていたその台風の末路

もっと読む

落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート 第4話

-4-  森の中で一人、息を潜める。  おそらく何かの作業場か小屋のあった場所なのだろう。崩れた廃屋跡と、切り拓かれたスペースがあった。ノベル兵たちの集合場所にもなっているのか、大勢の屈強な兵士がウロウロしている。  場

もっと読む

落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート 第3話

-3-  学院に戻ってきて、しばらくは平和な毎日が続いた。 「せーんぱいっ」  昼休みに廊下を歩いていたら、鈴の音とともに呼び止められる。振り返ると、『後輩↓』という文字を頭上に浮かべたモモがニコニコしていた。  うむ。

もっと読む

落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート 第2話

-2- 「うっそでしょ、こんなところでもうへたれちゃうんですか? これっておそらく最短記録ですよね、きっと報告書を読んだ先生も失笑ですよね、恥ずかしいですねー」  わずか数マイメーター歩いただけで腰の痛みを訴えてへたれる

もっと読む

落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート 第1話

-1-  落ちこぼれのレイニー・ブリスルスハート。  当然、俺の本名は後半の部分だけなんだけど、学校のみんなには、わざわざ長ったらしくこう呼ばれることが多い。  省略したいときは、ただの「落ちこぼれ」と呼ぶ。本名が一部た

もっと読む

BLACK DESIRE #17-10

10.  ……夢を見ていた。  それが夢だと気が付いたのは、夢の中の僕は僕では無い、誰か別の人物だったからだ。  夢の中の主人公である僕は今よりちょっとだけ歳を重ねた青年で、黒髪であることは同じだけどその両目は見たことも

もっと読む

BLACK DESIRE #17-9

9.  いったいどれだけの時間と労力が費やされたのだろう。  幎の、七魅の、それぞれの意志が、そして偶然のもたらした様々なヒントが、今のこの状況を作り出した。  エアリアとの距離はほんの4mくらい。魔女は僕のことを完全に

もっと読む

BLACK DESIRE #17-7

7.  日没が迫っていた。オレンジ色に染まりつつある湖に、南方の河川沿いに赤い光を引いて黒い影が突入してくる。 「見えたぞ! あれがウィルヘルム魔法学園だ!」 「……あそこです!」  黒猫の言葉に、幎もそこに建つ細長い構

もっと読む

BLACK DESIRE #17-8

8.  塔の内側はだだっ広い吹き抜けの空間だった。学園の時刻を知らせる大鐘とその作動機構が埋め込まれたフロアを抜けると、後はひたすら最上階まで塔の内壁に沿った階段が上へ上へと延びている。窓は無く外の様子は見えないが、途中

もっと読む

BLACK DESIRE #17-6

6.  ランファ=ランカ少尉はアイドルである。  それは21小隊のアイドルと言う意味ではない。彼女はアイドルとしてのパーソナリティを与えられたホムンクルスなのだ。  戦争が長引くに従って、年々ホムンクルス兵の役割は多様化

もっと読む

BLACK DESIRE #17-5

5.  峡谷の一番奥まった場所に、奇妙な光景が広がっていた。高い崖に囲まれた河川を上りきり、急激に開けた直径5kmほどの湖。その周囲は恐ろしく切り立っており、所々から300mは落差がある糸のような滝がその湖になだれ落ちて

もっと読む

BLACK DESIRE #17-4

4.  王国領東方第11区域……俗に極東と呼ばれる東は海、陸は急峻な山脈に覆われている地区である。この区域の中央よりやや北にずれた位置、南部の広い高原を川沿いに僅かに下った場所にある数キロ四方のエリアに、陸軍第21機甲化

もっと読む