帝都狂躁曲 5

-5-

「準備が終わりました」
 五十面相の部下は、紀子の恥毛を一本残らず綺麗にそり落とすと、その恥丘の間に金属製の器具を挿入し、恥唇を左右にぱっくりと開くという、乙女には何事にも勝る恥辱をさらに与えたのです。さすがに媚薬の効果で羞恥心が和らいでいるとはいえ、打ちのめされたように項垂れていた紀子ですが、内心は奇妙な胸の昂ぶりを覚える自分を認めたくないだけかもしれませんでした。
(見られてるんだわ、わたくしの女の子の部分を全部・・・。いや、助けて、篠宮先生ッ)
 明朗活発な紀子ですがそこは18歳の女の子。淫らになってゆく一方で、一刻も早く名探偵に助けて欲しいと切に願っていることも事実なのです。古今東西、女の子は悪漢に囚われるのが定番です。それを助けるのはヒーローのお仕事。紀子が五十面相に捕まってどれだけの時間が経過したでしょうか。篠宮氏を尊敬もすれば敬愛もし、もっと言えばそれ以上の感情を持っている紀子です。いまだ救出の音沙汰もないことに、少々落胆していることは事実でした。

 そんな紀子の乙女心の弱さを摘み上げるかのように、狂人は遠慮会釈なく、乙女の大切な部分を指で犯し始めました。いまだ隆起を続ける陰核を弄び始める五十面相誘拐のプロにして数多の女体の扱いに慣れきっており、貞淑な紀子と言えど、その悦ばせ方には打ち克つことなどできるはずがありませんでした。
「ひッ、ひいぃぃッ!」
 思わず卑猥な声を漏らす紀子。
「あ、ああん・・・あッ、あぁッ・・・」
 瞳をつぶって、左右に顏をふり、悦楽を堪える紀子に、五十面相はその一途な心までも弄ぶように囁きます。
「可愛らしい娘だ・・・。こんな辛い目に遭ってもまだなお、篠宮探偵に操を立てるのかね?」
「うぅ・・・当然でしてよ。わたくし、先生を心から尊敬しているんですもの・・・あぁッ。せんせいは・・・帝都に安寧の日々を、必ず取り戻してくださいますわッ」
「しかし、可愛い自分の助手である君が私に捕まり、貞操の危機を迎えているというのに、随分と冷たいじゃあないか?」
「ああッ、そ、それは・・・」
 花豆を絶妙な指遣いで嬲られながらも、抗弁しようと臍を噛む表情を見せる紀子です。

「紀子君、君は篠宮探偵に恋をしている、そうじゃあないか?」
「そ、そんなッ、先生は師匠です。わたくし、そんな感情など持っては・・・」
 図星でした。悦楽も忘れて否定してみせる紀子ですが、父、服部辰彦教授の教え子にして、難事件を解決するヒーロー篠宮探偵は紀子の初恋の人です。しかし、そんなことを口にしてはならない理由があります。帝都においては貴族とそれ以外の人々は簡単に恋愛などできないのです。学者一族の立派な服部家ですが、遥に血筋の佳い篠宮家とでは身分が決定的に異ります。それでも篠宮氏を密かに恋い慕っている紀子です。それは、篠宮探偵も同じようで、明らかに自分を助手以上の目でみてくれていることを確信している紀子です。いつかは、彼のお嫁さんになる、という密かな夢は持っていますが、おいそれと口に出すわけにはいかない、彼女だけのトップシークレットなのです。

「第一・・・身分が違いますわ・・・。わたくし、先生のお仕事を成功させるためならば、どんなことでもするつもりです。先生もそれを理解してらっしゃるから、今は近衛之宮寧子様を守ることに全力を注いでらっしゃるのよ。そのためなら、わたくし犠牲になっても恨みませんわ」
 甘い吐息交じりに身悶えつつ、紀子は想いを吐き出すようにいます。
「ふむ、なるほど。それで高貴な貴族令嬢を守るため、庶民の君を替え玉にして犠牲にしたというわけか?」
「せ、先生はそんなことをなさる人ではありません」
 悦楽地獄も忘れ、意地を張ったように紀子はほっぺを膨らませます。

「ハハハ、君は面白い娘だな。犠牲になることを厭わないと言ったかと思えば、必ず篠宮が助けに来ると信じている・・・。恋は盲目だな」
 五十面相は紀子股の間にしゃがみこむと、その金色の仮面を少しだけずらしました。そして完全に広げられた花園で淫らに膨らむその突起物を、己の口で丹念に嬲り始めるのです。
「いっ、いひいっ、あッ、あうッ、あうぅ~~ッ」
 まるで電流でも流された様に、ビクンビクンと痙攣する紀子。鉄枷に拘束された足首に力を籠め、白い指を地面に着き立てる仕草がその悦楽の深さを物語ります。しかし、紀子はそんな性的快楽よりも、せめてである五十面相からはるかに衝撃的な話を聞かされることとなります。

「いいことを教えてあげようか、紀子君。篠宮探偵が、君を救出に来ない理由を・・・。実は彼は・・・・・・しているのだよ」
「う、嘘よ、そんな・・・。信じないわ・・・」
 五十面相の言葉を否定してみせる紀子。しかし、稀代の悪党から聞かされた【事実】は紀子自身、密かに疑ってみたくなる事実なのです。
「信じたくなければ、その身で確かめてみるがいい・・・。さぁ、私に協力すればすべてが解決するというわけだ。もう十分に濡れてきたね」
「きょ、協力など致しませんわ。わたくし、先生を信じておりますもの・・・うぅ・・・」
 紀子は膣をヒクつかせながらも、抗弁します。
「信じようと信じまいと、君は私の魔力で、その肉体を使って真実を知り、私に協力をする羽目になる・・・紀子くん・・・、君はバージンだね? その証の処女膜を・・・頂戴する!!」
 五十面相はいつのまにか、仮面を取り換えていました。銀色に輝くその仮面。その鼻はまるで天狗のように高く、そして奇妙な形をしております。そう、それは男性器そっくり・・・。その鉄仮面の人工肉棒はまだ男を知らぬ紀子の秘所にぬちゃりと侵入し、そして激しく突き上げたのです。
「あッ、ああッ、ああぁぁッ、いやあああああああぁぁぁぁーーーーーーーッ!!」
 操を穢された紀子の絶叫が木霊しました・・・。

 果たして紀子が聞かされた事実とは一体? 紀子は五十面相の魔術にかかってしまったのでしょうか? それは次の幕に委ねることといたしましょう。

< 続く >

感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。