伝染の元凶

「ぺっ」  頼宗(よりむね)は口に溜まった血を吐いた。  無数のうめき声。  その中に頼宗は立っていた。  頼宗は拳を血で汚し、そこら中で倒れてうめいているちんぴらを一瞥してから立ち去った。 「頼宗!」  家に帰ってきた

もっと読む