とある王国の悲劇 剣姫編7

剣姫編 7

 かつて、とある王国があった。

 その国は傍若無人な王が治め、弱者は虐げられていた。

 民衆は苦しんだ。
 
 犠牲も大勢でた。

 だが高貴な者は省みず、贅の限りを尽くした。

 王族に1人の美しい姫が居た。

 その姫は母親が下賎の者だった事もあり、民衆の味方だった。

 やがて姫は立ち上がり、父である暴君を倒し、女王となった。

 女王は国政を一新、民衆中心に切り替えた。
 
 瞬く間に民衆の暮らしは良くなっていき、国中に笑顔が溢れた。

 国の変動に乗じて、他国が侵略してくる事もあった。

 女王は常に先陣に立ち軍を指揮し、強大な力で王国を勝利に導いた。

 その姿はまるで軍神の様であった。
 
 それだけの力が有りながら、女王は他国への侵略を是としなかった。

 王国の防衛だけに努め、争いは討論で解決しようとした。

 その試みは難航したが、女王の誠意が通じたのか。

 あるいは他の要因があったのか。

 周辺国家は同盟を結び、戦争は無くなり、遂に平和が訪れた。

 人々は喝采した。

 平和は長く続いた。

 女王は善く国を治め、人々から愛された。

 平和は長く続いた。

 女王は皆に愛され、いつまでも美しかった。

 ――そう、いつまでも。

 女王があまりにも歳を取らないので、人々は不思議に思った。

 女王は何者なのか?

 疑問が生まれた。

 女王は人間では無いのか?

 噂は彼方此方で流れた。

 

 ――だがある時、誰かが言った。

 女王が何者でも関係無いではないか?

 皆を救ってくれたのは、紛れも無く女王なのだから。

 人々は賛同した。

 歳を取らない?

 それがどうした。

 きっと女王は神なのだ。

 皆を救う為、天から降りてきてくださった神に違いない。

 そんな考えが王国を包み込んだ。

 無論、それを是しとしない国も存在した。

 それらの国は協力し、王国に宣戦布告をした。

 女王は魔の者である、として。

 しかし、女王を女神として称える民衆は団結し、強硬に抵抗した。

 また、女王は自ら他国を訪れ、和平への道を協議した。
 
 その結果、女王は改めて他国から認められ、大した戦も無く再び平和が訪れた。

 民衆は喝采した。

 やはり女王は神なのだ、と。

 平和は長く続いた。

 ――だが。

 一体どの位の時が過ぎた頃だろうか。

 女王が突然姿を消した。

 最初はどこかへお忍びで出掛けたのだろうと、皆思った。

 しかし、一月経とうが二月経とうが、一向に女王は戻らなかった。

 様々な噂が流れた。

 誘拐されたのでは?

 あの神にも等しい女王を?

 それが出来る者を、誰も想像出来なかった。

 では、暗殺か?

 それこそ誰が可能なのか?
 
 また、誘拐犯からの要求も無ければ、女王の遺体も見付かっていない。

 捜索は続いているが、何の手掛かりも掴めていなかった。

 誰かが言った。

 天に御帰りになったのだ、と。

 この考えは徐々に人々の心に染み渡っていった。

 ――そして、後継者争いが始まり、国は乱れた。

 また、豊かなこの国を、周辺国も放っては置かなかった。

 人々は平和を望む。

 この意見に異を唱える者は居ないだろう。

 だが、本当に平和を望んでいるのだろうか?

 

 王国は女王の手に因って、長い平和を手に入れた。

 しかし、女王が居なくなると、半年と経たずに国は乱れた。

 人々は平和を望む。

 それは真であろうか?

 少なくとも、その国の名前を覚えている者は……もう誰も居ない。

< つづく >

感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。