天使との取引 序章2

序章2 願い事

「ほう(`∀´)」

 天使は黒い笑みを浮かべる。

「他人の中身をか。面白いな人間よ。」

 ……なんだこの反応は(-“-;A

 なんかの地雷を踏んだのかっ!?とケンゴは焦るがそうではない。

 純粋に天使は面白がっていた。

「うん、いいな人間、お前、ウン、すごく良い」

 なんか褒められていた。

「んで、中身というのは具体的には何を示しているんだ人間よ」

 楽しそうにニヤニヤしながら天使は問う。

「えっと具体的にはですね……」

 そういいながら自分の考えをまとめていく。

「条件反射、倫理観、常識、思考、感情、精神年齢と色々です」

「多いな」

 天使はズバッと切り捨てた。

 ケンゴに10000のダメージ。

 せっかく考えたのにっ OTZ

「まぁそう落ち込むなよ人間、やってやるからさ」

 天使の声が響いた。

 ケンゴの体力が全快した。

「出来るんですかっ!?」

 自信が無かったケンゴだが、叶えられるということに素直に喜んだ。

「ああ、出来るさ人間。俺は優秀だからな人間。」

 そういって天使は片手を上げた。

「まぁじっとしていろ」

 そういわれてケンゴは背筋を伸ばす。

「よし、いいぞ」

 ………えっ、はやくね?

「俺は優秀だからな人間」

 …なんか思考を読まれたぞ。

 まぁいいや、とケンゴは気を取り直す。

「それで二つ目なんですが……」

「ああ、待て待て。」

 ケンゴの言葉に天使が割り込む。

「まずはそのチカラを試そうぜ人間」

 試す?

 キャンセルは……する気は無いからいいとして

「つまり、試した結果によって後の願いを変えられるってことですか?」

「正解だ(・∀・)b」

 なんか親指立てられた。

「ついでだ、チカラに関して詳しく教えてやろう。」

「アレ、教えてくれるんですか?」

「たぶんお前願いの中にいれてただろう?」

 …また思考を読まれたな。

「ハイ入れてました」

 素直に答えるケンゴ。

「出来る限りはサービスで叶えてやるよ人間」

 ……なんか天使に気に入られたっぽいな、俺。

「それでチカラに関してだがな」

 天使の説明を箇条書きにまとめるとこうなった。

・チカラ発動時、対象を視界に入れる
・書き換えた内容は対象が視界からいなくなっても消えない
・書き換える内容は口に出す
・チカラを使いリセットと言えば書き換えを消せる

「さてこんなもんだよ人間」

 一心不乱にメモをとっていたケンゴに天使は言った。

「じゃぁ、行こうか。」

< 続く >

感想を書く

メールアドレスが公開されることはありません。