僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない もうひとつの最終話

もうひとつの最終話 優帆のキモチ ――そしてこれは、最終話の翌日のお話――  ケンタと昨日、エッチしちゃった……。  催眠術をかけてないこっちのあたしで、初めて。  それは、気持ちよかったし嬉しかったけどやっぱり恥ずかし

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 最終話

最終話 そして、初めての……  で、中間テストも終わり、その成績が帰ってきた日。 「すごーい! どうしたのケンタ? 今までの最高点じゃない?」  ベッドの上に並んで座って僕の点数を見た優帆が驚きの声をあげた。  それもそ

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第6話

第6話 催眠術エッチってどんなもの?  そして、ふたりきりで過ごした夢のような週末の余韻が醒めやらぬまま新しい週が始まって……。  どうやら、学校では僕と優帆がつき合ってるっていうのはまだ広まってないみたい。  なんでそ

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第5話

第5話 ふたりきりの週末  そんな調子で、僕と優帆の少しおかしな恋人関係が始まってようやく2週間が経とうとしていた。  学校が終わると、優帆は僕の部屋に遊びにくる。  で、なんだかんだで結局素直モードの優帆にしてエッチす

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第4話

第4話 イタズラとカレシの自覚  次の日。  朝、僕はものすごく久しぶりにひとりで学校に行くことになった。  どうやら優帆は僕を待たずに先に行ってしまったらしい。  うん、そんなことになりそうな覚悟はしてたんだよね。  

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第3話

第3話 いきなりの初体験  で、その日の学校が終わってから。  そのまま優帆がうちに遊びに来るのはいつもと同じ。  だけど、いつもと違うことがある。  今朝から僕たちは恋人同士の関係になった。  ……て、僕は思ってるんだ

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第2話

第2話 ふたりは相思相愛?  で、それから毎日。 「ケーンータ! 今日も催眠術で遊ぼ!」 「またぁ?」  催眠術をかけてもらうことのいったいなにがそんなに気に入ったのか、優帆はあれから学校から帰るたびに僕の部屋に来ていた

もっと読む

僕の彼女は催眠術をかけたときしか素直になってくれない 第1話

第1話 はじめての催眠術 「ふーん……なるほどなぁ……」  ページをめくりながら、僕は感心しっぱなしだった。  それは、『1日でマスターできる催眠術~今日からキミも達人だ!~』っていうタイトルの本だった。  昨日の夜、テ

もっと読む

友達以上、兄弟未満…の尻尾 主従関係は破るためにあった?

主従関係は破るためにあった?  私の家系は、代々『仕える者』として生きてきました。  私の家系は15歳になると、必ずどこかに仕えなければなりません。  『人の手は借りず、自分で主人を見つけて生涯仕えよ』が、我が家訓です。

もっと読む

AnimalizeH Act-2

Act-2 【change】  ・・・  ・・・ドクン  ・・・・・・ドクン  心臓の鼓動が聞こえる。  普段は気にも留めないそれは、今この瞬間、大きく脈打ち、その身体を振動させる。    ・・・ドクン  部屋の中に蠢く

もっと読む

AnimalizeH Act-1

Act-1 【tail】  サキュバス―伝承に語り継がれる淫魔。  夢の中で男性を魅了し、その精を吸い取ると言う悪魔。  もっとも、それは伝承でしかない。  現実に、そんなモノが存在するはずはない。  ここに、一本の棒が

もっと読む