プリマ 第6話

<<フリーアナウンサーになった若園芳乃香の意外な再浮上がネットで話題沸騰>>  かつて全国ネット局のホープで、夜のニュース番組のキャスターも務めた美人女子アナが、フリーになって地方ケーブル&ネット配信番組でキワドイお宝シ

もっと読む

プリマ 最終話

『若園芳乃香の、ふれあい人生ニューページ』は、3ヶ月後にリニューアルをした。若園芳乃香さんは一旦、卒業というかたちになったので、個人名が外れて、『ふれあい人生ニューページ』と番組タイトルが短くなったのだ。今は4人の新しい

もっと読む

プリマ 第5話

 撮影の翌日、仮編集版をロケ班スタッフ皆で確認した。キューさんのセンスは皆良く理解しているので、通常この作業はほとんど形だけの追認作業になる。けれど今回は揉めた。珍しく、一番立場が下であるADのマサキが異議を唱えたからだ

もっと読む

プリマ 第4話

 コン………コンコン。  マサキが若園芳乃香さんの控え部屋のドアをノックする。緊張して待っていると、1週間ぶりの芳乃香さんの顔は、少し曇っていた。AD新藤マサキの不安が増す。微妙な愛想笑いを浮かべている自分に気がついた。

もっと読む

プリマ 第3話

 部屋の湿度とシャンプーの匂いで、芳乃香さんがまだシャワーから出てきたばかりだということがわかる。ドアを開けたまま立ち尽くす若園アナは白いバスローブ身にまとって、まだ湿っている髪を両肩の先へ広げていた。化粧台にはヘアドラ

もっと読む

プリマ 第2話

 ロケバスでの移動中、マサキは限られた時間を使って、Youtubeの催眠術ショー動画を漁るように見ていた。少しでも多くの、愉快な画を撮るためのヒントが欲しかった。結局のところ、撮影が始まってしまえば、芳乃香さんの反応を見

もっと読む

プリマ 第1話

 その日の収録も、当初スケジュールと比べて40分近く遅れていた。ADの新藤正樹は、頭の中でこの後の予定を思い描きながら設営を手伝う。今日のロケは泊りなので、機材やバスなどの返却時間は気にしなくて良い。この後のインタビュー

もっと読む

おるすばん その4

 3年生のいる階に上がる。ここはアキミチさんと同学年。一緒に過ごしてきた時間が長いから、催眠暗示への反応も、グッと高くなる。かなりの無茶が効く先輩たちだ。授業中の教室に無神経に上がりこんでも、「あ、僕、透明人間です」と一

もっと読む

おるすばん その3

「昨日から、アキミチさんいないんだよな………。好きにすればいいって、言われたけど………。そう言われると、かえって何にも思い浮かばなかったりして………」  笹川ケイトは、学校へ向かうバスを降りたところでも、まだ今日のスケジ

もっと読む

おるすばん その2

 次の日、クルミは昨日よりも迷いなく、ケイトと放課後に美術準備室で待ち合わせることに応じてくれた。 「昨日ね、家で英語の勉強してみたの。いつもの2倍とか3倍とかスラスラ読めた気がして、学校の復習どころか、次の次の単元まで

もっと読む

おるすばん その1

「じゃ、そういうことで。………色々あるかもしれないけど、基本、ケイトの思うように対処してよ。緊急でなければ、さっきのノートに書いて置いてもらえれば後で読むし。よっぽどヤバそうだったら、メールちょうだい」  アキミチさんは

もっと読む

共振 第6話

第6話  この人たち、ニューエイジ・スピリチュアルコミュニケーションなんて大げさな言い方をして、毎週会合のように集まって、現代の科学で解明しきれていない謎の力を習得して、ただヤラシイことしているだけじゃないか。  芽衣は

もっと読む

共振 第5話

第5話  月曜日の青蘭学園高校、3年D組の教室には甘い雰囲気が漂う。クラス1のイケメン、白川陸都の隣に、こちらも指折りの美少女、吉住芽衣が体を預けるように寄りかかって座っている。芽衣の表情はリラックスそのものといった様子

もっと読む

共振 第4話

第4話 「え………全ライド、ファーストパス使いたい状態………」  いつも温和な雰囲気の大雅マスターの表情が曇った。 「はい………。私も、他の人たちを待たせて、私たちだけ優先的に何回もっていうのは、良くないんじゃないかって

もっと読む

共振 第3話

第3話 「精神干渉って、結局のところ、精神体が振動する波長は合わせながら、振幅はこちらが強めにして、共振状態を主導するっていうことで正しいですか?」 「…………まったく、その通りだと思う」  メンターは頷く。ゆっくりと微

もっと読む

共振 第2話

第2話  うっかりすると、呼吸をすることを忘れてしまうくらい、気まずい時間だった。同じソファーに座って、上体を捻るようにして向かい合っている伊吹と芽衣。吉住芽衣は今、セーラー服のスカートの裾を、自分の胸元の高さまで、両手

もっと読む

共振 第1話

第1話  カランコロンカラン。  Cafe Diningグラス&ウールという名のお店は、木でできたドアを開くと、赤茶けたベルが、乾いた金属音を立てる。その音はどこか、牧場で飼育されている牛の首についた鈴の音を、芽衣に思い

もっと読む

蟲の湧く星 後編

後編 <利岡正樹のビジョン> 「こうやって調べてると、社会性昆虫って、本当に人間とあんまり変わらないよね。もちろん、六脚とか成長過程での変態とか、外骨格とか、見た目は人間と正反対というくらい違い過ぎるけど、集団の中のヒエ

もっと読む

蟲の湧く星 中編

中編 <利岡正樹のビジョン>  聖果ちゃんと付き合い始めて、3日がたった。始めは、毎朝学校に一緒に行くために、正樹の家まで迎えに来てくれる稲生聖果の献身的なルーティーンに少し戸惑った。聖果の家から学校に行く通学路からは大

もっと読む

蟲の湧く星 前編

前編 <船持久実のビジョン> (学校サボっても、タモツもリツもキョーヤも遊べないんだったら、することないじゃん。リオたちも結局授業出ちゃうし………。使えない………。)  不機嫌を隠そうともせずに、久実は頬杖をついたもう片

もっと読む

掲示板 下

―下― ≪≪【催眠】 MC操られるモノの実話スレッド 【洗脳】 53≫≫ 1 ミドリ 2018年10月11日 23:07  新スレ立てますねー。  とりあえず、いつもの説明文。  このスレッドは実際にMC(他人の心を支配

もっと読む

掲示板 上

―上― ≪≪【催眠】 MC操るモノの実話スレッド 【洗脳】 87≫≫ 1 匿名 2018年8月2日 23:07  新スレ立てるよー。  とりあえず、いつもの説明文。  このスレッドは実際にMC(他人の心を支配する)行為を

もっと読む

レタッチ 後編

後編 「貴方が槙村航太君ね。陸上部は今、貴方の噂でもちきりよ」  航太と澄華の前に立っているのは、陸上部のキャプテンで3年生の姉川ツカサ先輩。アスリートとしての能力、キャプテンを任される人格もさることながら、抜群のプロポ

もっと読む

レタッチ 中編

中編  タブレットに入っている、「レタッチ」というアプリは、基本的には直感的な操作を繰り返しながら、使い方を覚えることが出来る。メニューには一般的な操作法説明のリストはあったが、それほど懇切丁寧に使い方を教えてくれている

もっと読む

レタッチ 前編

前編 「ゴン………ゴンゴン」  航太の部屋の壁を叩く音がする。 「ほーい」 「ゴン、ゴンゴン」  航太がデスクトップから目を離さないまま、気の無い返事をしていると、また壁が叩かれる。槙村航太の部屋は2階にある。そして音は

もっと読む